今回は、不妊治療をする上で、重要な薬であるスプレキュア(ブセレキュア)の使い方と、忘れた時の対処法と、副作用についてわかりやすく説明したいと思います。

この薬は、不妊治療をする方は例外なく使用すると思います。
使う人が多いのに、この薬の使い方や副作用は病院で十分に説明されないことが多くないですか?。
病院でスプレキュア(ブセレキュア)が処方された後、自宅で使うことが多いと思いますが、私は正しく使えているかかなり不安でした。
本当にちゃんと鼻から薬を吸えているのか?
薬を使っているけれどお酒などアルコール類は飲んでも良いのか?
医師に伝えられた時間より30分遅れてしまったが使っても良いのか?
そのような疑問を解決して、安心してスプレキュア(ブセレキュア)を使ってもらうために情報を共有できたら嬉しいです。

この薬の作用や効果に関しても詳しく調べたので、他の記事でまとめようと思います。
効果や成分は知らなくても、医師の指示通り薬を使っていれば治療はできます。
でも自分の身体に使われている薬がどんな薬か知っておきたくないですか?
私は医学的な知識はないですが、簡単にでも知っておきたかったのでまとめます。
ご興味ある方は是非ご覧になってください。

スプレキュア(ブセレキュア)の使い方

この薬は点鼻(てんび)という変わった使い方をします。
使用方法を間違えると、薬が効かずに、治療の妨げになるので、使い方を絵も入れて詳しく説明するのでご参考になさってください。

大前提として、スプレキュア(ブセレキュア)は3回で1セットです。
病院で「スプレー23時にしてね」と言われたら、23時に右左右の3回プッシュ1セットの意味です。
1回プッシュのみは間違いなので気をつけましょう。

使い方は6ステップ

★はじめて使う場合は、空打ちする。(1回霧状に出てくれば完了。以後空打ちの必要なし。)

1左右の鼻をかむ(鼻が詰まっていると十分に薬を吸えません)

2頭を下に向けてノズルをまっすぐさしこみます。
スプレキュア(ブセレキュア)の使い方

3手をチョキにしてスプレキュア(ブセレキュア)を握る
スプレキュア(ブセレキュア)の使い方

4チョキの指を円盤に引っかけて、息を吸いながら円盤を引っかけた指をいっきに真下におろす。
スプレキュア(ブセレキュア)の使い方

5鼻の右左右3回(3回で1セット)すばやく行ったら、上を向いて10秒数える
スプレキュア(ブセレキュア)の使い方

6ノズルを拭いて、冷蔵庫にしまう
使用期限は、使用した日から6ヶ月だそうです。
鼻を直接つけるので、鼻の常在菌が薬の中に入って増殖し続けるので、しっかり冷蔵庫に保管しましょう。

いかがですか?私はスプレキュア(ブセレキュア)の持ち方が特に心配だったので、どうやって持つか絵にしてみました。
あまり絵が得意でないので、わかりにくくてごめんなさい。少しでもスプレキュア(ブセレキュア)のご理解につながったらいいなと思います。

スプレキュア(ブセレキュア)を忘れた時の対応

スプレキュア(ブセレキュア)は使用時間を、厳格に医師から指定される場合があるかと思います。
しかし、万が一忘れてしまうこともあるでしょう。
「絶対に使用時間を忘れないでください。」と説明を受けた後に、念のためとはいえ「万が一忘れた時は、どうすればいいですか?」という質問は大変しにくいですよね。
私は図々しく聞いてみましたので、万が一忘れてしまった方は是非ご参考になさってください。

忘れてすぐに病院に問い合わせないといけない場合

治療している周期が採卵周期の場合は、たった5分遅れてもスプレーする前に病院に連絡して再度スプレー時間を確認してください。
採卵する時は排卵しないけど、卵が成熟しているギリギリの状態で採卵します。
たった5分ずれただけでも、医師の想定した状況と異なる採卵状態になってしまいます。
少し時間が遅れただけなら、採卵時間をずらすことで対応してくれたり、あまりにも時間がずれると採卵自体中止になったりします。
採卵中止はショックですが、ムダな採卵は時間とお金を奪います。
採卵周期にスプレーを忘れたら被害を最小限にするために、すぐに医師に相談しましょう。

忘れてもそんなに心配しないでよい場合

調整周期(リセット)の場合は忘れてもそこまで心配しないでください。
調整周期(リセット)は卵を確実に排卵させて、次の周期に備えるものです。
特に細かいスプレー時間は心配ないので、忘れたと気付いたらその日のうちなら1セットプッシュして問題ないそうです。
しかしスプレー後にソフィアなどのピルが処方されている場合は、飲みはじめの時間がずれる可能性があるので病院に確認しましょう。
★ただし病院によっては、どんな場合でも忘れたら連絡するようにルールを決めているところもあります。
その場合は病院の方針に従って下さい。

スプレキュア(ブセレキュア)の副作用

この薬の副作用は、子宮内膜症など、かなり長期に使用した場合がほとんどです。
自分で見つけられる症状の中で、とくに重篤なものと発生頻度の高いものを抜粋します。

重篤なもの(ただちに医師に相談)

  • うつ症状
  • 脱毛
  • 狭心症、心筋梗塞、脳梗塞(胸や頭の痛み)
  • 不正出血
  • 下腹部の痛み、腫れ

高頻度の(よくある)もの

  • ほてり(5.4%)
  • 肩こり(4.3%)
  • 頭痛(3.9%)
  • 不正出血(2.9%)

カッコ内の割合は、発生した副作用の中で占める割合を示しています。
このような症状が生じた場合は、副作用を疑って、医師、薬剤師に相談してください。

病院の先生は「1回3プッシュくらいで副作用はめったにでない。」と言っていました。
私も合計で5年ほどスプレキュア(ブセレキュア)を不妊治療で使いましたが、副作用はでませんでした。

スプレキュア(ブセレキュア)の併用注意

医師から他の薬と一緒に飲んでも問題ないと言われました。
鎮痛剤、サプリメント、アルコールなど特に併用したことによる副作用は問題ないそうです。
ただし、調整周期(リセット)の場合、スプレーと一緒にソフィアなどのピルが処方されます。
他のページに詳しく載せますが、ソフィアなどのピルは副作用、併用に注意の必要なことが多いので、その場合は併用してもよいか病院に確認してください。

今回はスプレキュア(ブセレキュア)の使い方と忘れた時の対処法と副作用について情報共有しました。
次記事では詳しい作用効能効果について説明しようと思います。
これらの記事で、不妊治療に確かな知識を持って、安心して取り組める方が増えると嬉しいです。