Thermometer
今回は初めて基礎体温をつけようとしている方、または基礎体温測定を継続できずに悩んでいる方に向けて情報共有をしたいと思います。

不妊治療を始める際に必要な情報として、医師から基礎体温表の提出を求められると思います。
私は、医師から必要といわれて、つけようと思いましたが、中々毎日測って記録することは、思った以上に大変でした。
はじめは継続できずに、「こんなんじゃ病院にも行けない、治療も進まない。」そう思って、とても落ち込みました。

最近は記録しやすいように色んなタイプの基礎体温計や、記録用アプリが出ているので、それは用語集の方で紹介したいと思います。
加えて、ツールは大切ですが、1番大切なことは自分が無理せず、続けられる環境を作ることです。
どのようなことが障害になって基礎体温測定をやめてしまいがちか、説明したいと思います。
そして、盲点になりがちですが、基礎体温のどのような部分を医師がチェックしているのか。という医学な基礎体温表グラフの見方という視点も説明したいと思います。
これがわかっていると、単なる単純作業の記録付けから、意味のある記録付けに意識が変化して、継続しやすくなります。
この記事を読んで、不妊治療で大切な基礎体温表を、ストレス少なく継続できるように環境と意識を整えましょう!

基礎体温の基礎知識

基礎体温の定義

まず基礎体温って何かご存知でしょうか?お恥ずかしながら、私はよく知りませんでした。
基礎体温は安静にしている時の体温です。従って、測定は朝起きて起き上がる前、すぐに行います。
動いたり、ご飯を食べたりすると、体温が上がってしまうので、注意が必要です。

基礎体温で何がわかるか

安静状態の体温という定義をもっと具体的にいうと、生命を維持するためだけに必要な最低限の体温のことになります。
だから最低限必要な体温のことなので基礎体温と呼ばれています。
どうしてこの基礎体温の記録が必要かというと、女性ホルモンの分泌が正しく行われて、しっかり卵が育つ環境にあるか、卵の質が良いかを予測するためです。

医学的な詳細の説明
なぜそんなことが基礎体温でわかるかというと基礎体温は女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの影響を強く受けるからです。
卵胞ホルモンの分泌より、黄体ホルモンの分泌の方が多くなると、基礎体温が0.3度から0.5度上昇します。
つまり、黄体ホルモンの方が、卵胞ホルモンより体温を上昇させる作用があるのです。
そして、この作用の強さは、ホルモンの量に比例するので、黄体ホルモンが多くなれば、体温の上昇率も大きくなり、少なければ小さな上昇になります。
微細な体温変化を確認するために、普通の体温計は小数第一位までしか測定できませんが、基礎体温系は小数点第二位まで測定することができます。
さらに精密に測るために、脇ではなく、口にくわえて測定します。

正しい基礎体温表の書き方・測り方

それでは正しい基礎体温表の書き方について簡単に説明したいと思います。
この後のグラフの見方でも必要な知識になるので説明しますが、別のページでもっと詳しく説明したいので、このページでは必要最低限だけ記載します。

正しい基礎体温表の書き方

大前提ですが、1つの周期に1つのグラフを作成します。
測定した基礎体温を日付ごとにプロットしていきます。
目盛りさえ間違わなければ、特に難しいことは無いはずです。

正しい基礎体温表の測り方

こちらは書くのに比べて難しいです。
大事なポイントは3つです。

  1. 睡眠は4時間以上継続した状態で測る
    トイレなどで継続できていない場合は参考体温になるので、(ト)など自分でわかるマークで印をつけておくと良いです。
    基礎体温表がガタガタになった時、ガタガタの原因がトイレだとわかれば気にしなくて済むので重要です。
  2. 起きてすぐ測る
    上述したように、動いたり、ご飯を食べたりすると、体温が上がってしまうからです。
  3. なるべく同じ時間で測る
    正確に比較し、なるべく誤差をなくすためです。

細かいことを言い出すと、ポイントはまだまだいっぱいありますが、とりあえず誤差が大きく出るポイントを紹介しました。
詳しくは、正しい基礎体温表の書き方測り方の詳細記事をご覧になって下さい。

グラフの見方

それではグラフの書き方をふまえた上での基礎体温表グラフの見方です。
これは大きく分けて3点あります。

正常なグラフ

どんなグラフであれば正常なのかポイントを説明します。
正常な状態を理解できていると、異常がある部分を見つけやすくなるのでしっかり理解しましょう。

 まず周期が綺麗に二相にグラフが分かれていることが重要です。
低温期が約14日前後、高温期が約14日前後ずつあり、その二相の温度差が+0.3度~0.5度であることが大切です。
この二相が見られることで、卵胞から質の良い卵を排卵していることがわかります。
これは卵胞に包まれた卵が、卵胞を破いて排卵される時に、残った抜け殻が黄体となる現象によって起こります。
もしも卵の質が悪いと、上手に卵胞を破けないので、残った抜け殻もしっかりした黄体になりにくく、これがだらだらした体温の上昇に結びつくそうです。

 そして、周期が約25日〜35日周期であることも大切なポイントです。
短すぎても、長過ぎても、なんらかの以上が考えられます。
考えられる代表的な原因としては、女性ホルモンの分泌異常、ストレス、排卵障害、などが挙げられます。

 次に、グラフが極端にガタガタしておらず、比較的なめらかな線を描いていることが大切です。
1日ごとの測定なので曲線にはなりませんが、傾向として同じ相の時はだいたい近い場所に点が打てていることが理想的です。
このガタガタなグラフは、多くの方が悩まれると思うので後述で詳しく説明します。

 最後に高温期が12日以上続いていることが、正常なグラフと言えます。

いかがですか。全然難しくないですよね。グラフの見方と聞くと、数学の二次関数や統計学を思い浮かべるかもしれません。
でも基礎体温表グラフの見方は簡単でグラフの目盛りさえ読めれば誰でも簡単に読めてしまいます。
是非、上記の4点に注目してグラフを読むようにしてみて下さい。

ガタガタなグラフ

これは前述した正常なグラフで書いた比較的なめらかな曲線でない場合です。
傾向として同じ相の時はだいたい近い場所に点が打てていることが理想と伝えましたが、ガタガタの場合は上下の幅がとても大きいです。
どれくらいだとガタガタといえるのか、素人判断は難しいですが、目安を覚えて下さい。
二相の温度差が+0.3度~0.5度が正常とお話しました。なので当然一番大きなグラフ上の温度差は+0.3度~0.5度である必要があります。
従ってこれ以上大きな温度差が生じている場合は、ガタガタなグラフと判断できます。
これ以下の温度変化の場合はグラフを遠目に見て、だいたい同じ位置に点が打てていれば大丈夫です。
スマホの基礎体温表の記録アプリは便利ですが、画面が小さくグラフを細かく見過ぎなため、ガタガタで心配になる人が多いそうです。
是非、パソコンの画面などに大きく映してガタガタかどうか確かめて下さい。

ガタガタなグラフになる理由ですが、これは正常な女性ホルモン分泌ができていないからと言われています。

高温期が12日より短いグラフ

なぜ高温期が12日より短いと異常なのか、わかりますか?
高温期が短いと、古い卵や、質の悪く排卵されず残った卵が、次の周期にも残って、新しい卵が成長することを邪魔するからだそうです。
加えて、しっかりと高温期が続かないということは、黄体ホルモンをしっかり作れていない黄体機能不全ということです。
ですので、着床、妊娠の継続にも悪影響を与えます。
従って、不妊治療を意識して基礎体温表グラフを見る時は、この高温期の保持を特にしっかり確認して下さい。

このように、医学的な基礎体温表のグラフの見方を知ると、基礎体温はなるべく毎日誤差なく測ることが、成功の近道であることを、納得していただけると思います。
この必要性への理解があることが、もうすでに、継続できるゴールに近づいています!

記録を継続できない要因と対策

これは私が思いつく限りだと、時間、手順の煩わしさ、忘れやすさ、意識の問題があります。
ここに挙げる要因は、特に基礎体温測定継続を阻むものなので、しっかり潰しておきましょう!

朝は時間がない

これには私も苦しみました。朝は時間がないのです。
こういう方は、測定時間が比較的短めの体温計を選択する。基礎体温は必ず枕元に置いておく。
記入する必要がなく、勝手に記録していってくれるタイプにする、などをお勧めします。

手順がわずらわしい

これは盲点ですが、手順を煩わしいと思う仕様は、人によって違います。
ただ測るだけで、記入はアプリや、手書きの方が楽な方もいます。勝手に転送してパソコンで管理する方がよい方もいます。
自分が一番無理せず好きな方法を選択して下さい。
見栄は不要です!手書きだっていいじゃないですか。と思います。

忘れやすい

私も何度かやってしまったのですが、起きてトイレに行ってからしまった!と気付くことが多かったです。
寝起きの自分を信じないで下さい!どんなに寝る前に気をつけていても、眠ったら、すっかり忘れてしまうものです。
私のように、特に忘れやすい人は、手首に巻き付けるタイプのバンドで、基礎体温計を巻き付けておくことをお勧めします。
これなら、起きようとしても、手首に基礎体温計がついているので気付きます。

意識の問題

これはもう大丈夫でしょう。もし不安な方は、もう一度、上述のグラフの見方を読み直してみて下さい。

私は、小さい時から、飽きっぽく、継続できない性格ですが、この要因を潰してからは、1日も中断することなく、基礎体温表を作ることができました。
もし、ざっと読んでみて、ご自身にとっても有効そうな部分があれば、是非取り入れてみて下さい。

私の治療

私は、基礎体温の記録が習慣化するまで本当にしんどかったです。
しかも、だんだんできていくグラフが先生が見せてくれた低温期と高温期の二相にまったくなっておらずガタガタだったのでどんどん不安が募っていきました。

私がやっと基礎体温測定が習慣になったのは、試行錯誤して3ヶ月くらい経ってからになりました。

全く綺麗な二相にならない状態で生理がきて次の来院日の生理3日目をむかえました。

次の記事では、診察内容にいて紹介します。
排卵すらしていなかった