病院

正直に申し上げると、私は初診の病院選びに失敗したと思います。
そして、転院が必要になってしまいました。
初診選びを間違えると、膨大な時間と甚大な経済的、精神的損失を被ります。
私のようにはなって欲しくないので、正しい初診の病院の選び方と、初診の治療の流れ、初診の前に知っておきたい基礎知識について説明していきます。

初診の病院の選び方

とくに何の診断も受けていない初診の場合のお話です。
その場合はまず、ご自身が不妊のなのか確認してください。
不妊というのは「避妊せずに性交渉を行って、1年以上経っても妊娠しないペアのこと」と定義されます。

ご自身が不妊だと思われたら、病院を選びますが、不妊治療ができる病院には大きく分けて3種類あることを把握してください。

  1. 体外受精(IVF)しかできない病院
  2. タイミング治療、人工受精(AIH)ができる病院
  3. 総合的にタイミング治療、人工受精(AIH)、体外受精(IVF)ができる病院

初診の際には、まず自分がどの治療法をするのかわからないと思うので、なるべく上記の3つ目の病院をオススメします。

体外受精(IVF)しかできない病院をおすすめしない理由

体外受精(IVF)しかできない病院は体外受精(IVF)を始めることが前提で話が進んでしまうので、タイミング治療や、人工受精(AIH)で授かれる人は適しません。
対応の悪い病院だと、体外受精(IVF)しないなら門前払いになってしまう場合もあります。
今、体外受精(IVF)専門の病院はどこも混んでいて、タイミング治療や人工受精(AIH)
の人まで診ていられないそうです。

タイミング治療、人工受精(AIH)ができる病院とステップアップ治療

タイミング治療、人工受精(AIH)ができる病院は、タイミング治療、人工受精(AIH)しかできないと思われがちです。
確かにそのとおりですが、体外受精(IVF)が必要な人にはそういう病院に紹介状を書いてもらえるので安心してください。

ただし、ここで注意したいのが、ステップアップ治療を採用している病院が多いことです。
ステップアップ治療とは、不妊治療の治療方針をさします。
どんな患者でも、タイミング治療を行って、効果がないと人工受精(AIH)を行います。
それでも効果がないと、やっと体外受精(IVF)に舵を切るのです。
1つずつ、治療の段階を上げていくので、ステップアップ治療と呼ばれます。
これは、不妊治療のガイドライン的に間違いではないです。
しかし、不妊治療の世界ではこのステップアップ治療が患者にとって本当に有益なのか疑問が投げかけられています。
なぜなら、不妊の原因によっては、あきらかにタイミング治療、人工受精(AIH)では妊娠できない人にまでこのガイドライン通り治療を勧める病院が多く存在するからです。
なので、はじめにきちんと検査をしてから、治療を始める病院を選択してください。
先にムダな治療を何年も行って、体外受精(IVF)を1回しただけで妊娠できた人をたくさん知っています。

総合的にタイミング治療、人工受精(AIH)、体外受精(IVF)ができる病院

総合的にタイミング治療、人工受精(AIH)、体外受精(IVF)ができる病院は、ご自身の状態によって治療を選んでもらえるので安心です。
しかし、体外受精(IVF)の技術に関しては専門的に行う体外受精(IVF)だけの病院の方がよい場合もありますので、そこは留意しておいてください。

不妊治療の初診の流れ

1,予約の取り方

病院によっては、初診予約が早くても3ヶ月後の場合もあります。
受診する病院のめどがたったら、なるべく早く予約を取りましょう。
もちろん、予約なしで受診できる病院もあるので、その場合は予約なしで受診してください。
不妊治療で受診する時は生理3日目です。

2 治療内容

治療の内容は問診票の記入と問診、血液検査、内診、診察になります。

3 問診票

問診票には過去の治療歴や、最終月経日、平均的生理周期日数、アレルギー情報、現在服用している薬の情報、などを記載します。
すぐに記載できるように、あらかじめそれぞれの項目はメモしておくとよいです。問診では医師から治療に必要な事項の確認があります。
どんな治療を希望しているかなど端的にお話しできるようにしておくとよいです。

4 血液検査

血液検査は検査項目によりますが、注射器で3〜4本分とります。
生理3日目で貧血気味なところを、大量に血を抜くので、前後で水分補給をしっかりしてください。
気持ち悪くなったり、倒れて横になる方をよくみました。

5 内診

内診は腟内に超音波のプローブと言われる棒のようなものを入れて、画像診断をします。
ズボンでは着替えに時間がかかってしまうので、ワンピースや、ゆったりしたスカートがオススメです。
寒い冬でもストッキングはお勧めしません。靴下が着脱しやすくてよいと思います。

6 診察

診察では、持参した基礎体温表、記載した問診票、血液検査結果(HIV検査結果など当日結果が出ないものは後日受診時に説明を受けます)、内診画像、をもとに診断結果の説明と治療方針の説明を受けます。
この検査で原因がわからないと、低温期に子宮卵管造影検査(HSG)や通水検査、排卵期にフーナーテストをして調べるそうです。

7 会計

診察まで終わると、次回の予約を取ってお会計をして終わりです。
スタンダードな血液検査、内診、診察で2万円ほどでした。

初診の前におさえておきたい基礎知識

診察前におさえておきたい基礎知識や準備事項について紹介します。
小さなことが多いですが、知っていると役に立つこともあると思うので、少し目を通してみてください。

受診するタイミングは?

生理3日目を指定されることが多いです。

受診する時の服装は?

内診の時に着替えやすいように、ワンピース、スカートがオススメ。
タイツ、ストッキングはなるべく避けた方が楽です。

初診の費用はどれくらいかかる?

初診は約2万円ほどかかりました。
病院によって、幅があるので4万円持っていけば安心でしょう。
病院によっては、クレジットカードが使えるところもあるので、現金を持ち歩くのが怖い方は、予約時にクレジットカードの使用可否を確認してみてください。

持参するもの

健康診断などで採った血液検査データは使える病院もありますので、一応持参することをお勧めします。

基礎体温表のデータは最低1周期分、できれば3周期分必要です。

夫婦で受診する?

病院によりますが、初診は妻だけで大丈夫な病院が多いです。
精液検査時に、夫の来院が必要だったり、夫の面談が必要だったりするので、必ず1回は夫も来院します。

紹介状は必要?

まったくの初診の場合は、紹介状は不要です。
もし婦人科にかかっていた場合は、診断書を書いてもらってください。

私の治療経過

病院選択の誤りから失ったもの…時間、お金、心

私が受診した病院はタイミング治療、人工受精(AIH)ができる病院でした。
不妊治療専門の病院ではなく、通常の婦人科の先生が不妊治療の患者も診るという形でした。
私は不妊治療という言葉に抵抗を感じていたので、この形式は受診の敷居をとても低くしてくれました。

本当は総合的に診てくれる不妊治療専門の病院の方が、技術が高いかも知れないと思いました。
けれども、私が連絡を取った不妊治療専門病院は人気が高く、受診前の説明会を予約するのに3ヶ月待たないといけない状況でした。

今となっては、不妊治療という言葉への抵抗と、初診予約の取りづらさから不妊治療の専門病院ではない病院にしてしまったことを後悔してします。

なぜならば、不妊治療専門病院ではなかったため、原因の見極めが遅く、結果的には意味の無い治療(タイミング治療、人工受精(AIH))に2年半もの月日を費やしてしまったからです。

その2年半はとてもツラかったです。どんなに頑張っても妊娠できないですし、いたずらに治療費ばかり使ってしまいました。

待ち時間が長いので、待合室で友達ができやすいのですが、どんどん友人は先に妊娠していきました。
一番つらかったのは、私より後に治療を始めた人が、私より先に妊娠していくことです。
同じ病に悩む同志、彼女たちの妊娠を心から喜びたいのに、態度では装えても、本心ではないのです。そんな自分の醜い心に気づき何度泣いたかわかりません。

37才から妊娠率は急激に低下する

30代後半の2年半は、卵の質にとても重大な影響を及ぼします。
医師に、37才から妊娠率は急激に低下すると言われました。
私はそんな貴重な時間を大量に無駄にしてしまったのです。

そして、37才以降は、卵の質の低下だけではなく、受精してもダウン症の確率が若い子より高く、流産率も上がってしまうそうです。

初診の基礎知識がなかったため大幅なロス

この記事では、初診の前に私があらかじめ重要性を知っていれば、もっと快適に治療ができたと思う事項をまとめました。
私の場合は、初診時に何も持参しなかったため、基礎体温表がなく受診したのに治療が始められませんでした。
卵の質のよい貴重な時間を、私のように無駄にしないために、この記事がお役に立てたら嬉しいです。

次の記事は、診察後の夫との話し合いについてです。
不妊症と自覚し、夫婦会議をした時の話…急にこみ上げた反省と申し訳なさ